北朝鮮の危険な動き 先入観にとらわれない真実の姿

公開日:

「独裁国家・北朝鮮の実像」坂井隆、平岩俊司著

 国際社会の批判と圧力を無視してミサイル発射の実験を繰り返す金正恩。とかく若く経験不足の独裁者が気まぐれに起こす行為とみなされがちだが、本書の著者はきわめて意図的な対米行為とみる。

 実験を繰り返すことで米韓は高高度迎撃ミサイルシステムを充実させ、中国はこれを対中包囲網の強化と見て反発する。このしたたかな計算で、北朝鮮はみずからすり寄らずとも中国を自陣に引き込めるというのだ。

 他方、中国にとって朝鮮有事を避ける非核化は重要だが、日本とは全く違った長期の時間軸で見ているという。また中国にとって北朝鮮を無理に非核化したところで、得られるものは多くないことも重要。それゆえ日米が中国に期待し過ぎないのが肝心。北朝鮮の国内事情についても通説どおりの恐怖政治は考えにくい、とみる。脱北者の増加も、食うや食わずのためではなく、厳しくなった不正摘発に追われた官僚の逃亡ではないかと説く。要は先入観にとらわれない多面的な見方ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る