• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

足を踏み入れた人にした分からない美大の真実

「美大生図鑑 あなたの周りにもいる摩訶不思議な人たち」ヨシムラヒロム著

 東京芸術大学を「最後の秘境」と位置付け、芸大生の天才奇才ぶりを紹介する本が話題となった。しかし、武蔵野美術大学出身の著者は、美術・芸術大生の全員が個性的とは限らないという。美大も決して秘境ではないと。

 本書では、自らの体験を踏まえながら、レッテルを貼られがちな美大生や美大のありのままの姿を紹介する。

 ほとんどの美大では、実に学生の7割が女子で、学内はほぼ女子大の様相を呈しているという。しかし、彼女たちは入学当初こそ、おしゃれにも気を使っているが、制作の道具を持ち歩いたり、絵の具やインクで服が汚れるため、学年が上がるごとに女子力は低下。中身も男っぽく、精神的にもタフで、男子学生もたじたじだそうだ。

 また、女子大生の多くは作品のために全裸になることもいとわず、最初は彼女たちの裸に興奮していた男子学生も、いつしかそれが当たり前に感じられてしまうのだとか。

 さらに、かつては実技一辺倒の入試だったが、現在は推薦や論文、面接で入学する学生も多くなったので、絵が全く描けなくても美大生になれるという。

 そのほか、ヌードデッサンの実態や、卵をボール紙1枚で包み、割れない折り方を考える課題(実際に校舎の4階から落とす実験もあり)など、モノを生み出し続けるための造形力を身につける講義の中身は興味深い。

 大学のクラブ棟に住み着いた年齢不詳の長老と呼ばれる先輩学生や、ウエディングドレス並みの全身真っ白のコーディネートで講義する教授など、学生も学生なら、教授陣もさらにその上を行くアクの強さを放っている。

 読むほどに、著者の意図に反して秘境・変人だという思いが強くなってくるのはなぜだろうか。(飛鳥新社 1111円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る