足を踏み入れた人にした分からない美大の真実

公開日: 更新日:

「美大生図鑑 あなたの周りにもいる摩訶不思議な人たち」ヨシムラヒロム著

 東京芸術大学を「最後の秘境」と位置付け、芸大生の天才奇才ぶりを紹介する本が話題となった。しかし、武蔵野美術大学出身の著者は、美術・芸術大生の全員が個性的とは限らないという。美大も決して秘境ではないと。

 本書では、自らの体験を踏まえながら、レッテルを貼られがちな美大生や美大のありのままの姿を紹介する。

 ほとんどの美大では、実に学生の7割が女子で、学内はほぼ女子大の様相を呈しているという。しかし、彼女たちは入学当初こそ、おしゃれにも気を使っているが、制作の道具を持ち歩いたり、絵の具やインクで服が汚れるため、学年が上がるごとに女子力は低下。中身も男っぽく、精神的にもタフで、男子学生もたじたじだそうだ。

 また、女子大生の多くは作品のために全裸になることもいとわず、最初は彼女たちの裸に興奮していた男子学生も、いつしかそれが当たり前に感じられてしまうのだとか。

 さらに、かつては実技一辺倒の入試だったが、現在は推薦や論文、面接で入学する学生も多くなったので、絵が全く描けなくても美大生になれるという。

 そのほか、ヌードデッサンの実態や、卵をボール紙1枚で包み、割れない折り方を考える課題(実際に校舎の4階から落とす実験もあり)など、モノを生み出し続けるための造形力を身につける講義の中身は興味深い。

 大学のクラブ棟に住み着いた年齢不詳の長老と呼ばれる先輩学生や、ウエディングドレス並みの全身真っ白のコーディネートで講義する教授など、学生も学生なら、教授陣もさらにその上を行くアクの強さを放っている。

 読むほどに、著者の意図に反して秘境・変人だという思いが強くなってくるのはなぜだろうか。(飛鳥新社 1111円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る