• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ヘルシーエイジング東大が考える100歳までの人生設計」 東京大学高齢社会 総合研究機構・監修

投稿日:

 長生きにうんざりしている人もいるかもしれないが、日本人の平均寿命は2050年には男性84歳、女性90歳になると予想されている。つまり、これからは「90歳、100歳になっても生きている」ことを前提に生活していく覚悟と工夫を持っていなければ、みじめな老後を迎える可能性があるということだ。

 東大が学部横断的につくった組織が、エビデンスに基づいて「多少心身が衰えても、そこそこ元気に楽しく、自分らしく生きていくコツ」を書いたのが本書。食事や運動・休養の基礎、住まいのあり方など、いま老後を生きている人はもちろん、これから老後を迎える人にも参考になるはずだ。(幻冬舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る