「わらべ歌に隠された古代史の闇」関裕二著

公開日:  更新日:

 古来、子どもには不思議な力が秘められていると考えられ、多くの神事でも童子・童女が大役を任されてきた。そうした神事・祭りが遊びとなって今日に伝わってきた可能性が高いと著者はいう。本書は、あの「カゴメ歌」に秘められた暗号を解読しながら、古代史の謎に迫る歴史読み物。

 民俗学者の柳田国男は、カゴメは「籠目」ではなく、鬼がしゃがんだ状態を示す「かがめ」がなまったものだと解釈。しかし、著者は竹で編んだカゴ(籠)そのものが神聖な器であり、カゴメの一言がすでに暗示であったと、その理由を解説する。竹取物語との共通性、原形とみられる地蔵遊び、千葉県野田市に伝わる発祥伝説などを検証しながら、邪馬台国など古代史の真相に迫る。(PHP研究所 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る