「わらべ歌に隠された古代史の闇」関裕二著

公開日:  更新日:

 古来、子どもには不思議な力が秘められていると考えられ、多くの神事でも童子・童女が大役を任されてきた。そうした神事・祭りが遊びとなって今日に伝わってきた可能性が高いと著者はいう。本書は、あの「カゴメ歌」に秘められた暗号を解読しながら、古代史の謎に迫る歴史読み物。

 民俗学者の柳田国男は、カゴメは「籠目」ではなく、鬼がしゃがんだ状態を示す「かがめ」がなまったものだと解釈。しかし、著者は竹で編んだカゴ(籠)そのものが神聖な器であり、カゴメの一言がすでに暗示であったと、その理由を解説する。竹取物語との共通性、原形とみられる地蔵遊び、千葉県野田市に伝わる発祥伝説などを検証しながら、邪馬台国など古代史の真相に迫る。(PHP研究所 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る