「わらべ歌に隠された古代史の闇」関裕二著

公開日: 更新日:

 古来、子どもには不思議な力が秘められていると考えられ、多くの神事でも童子・童女が大役を任されてきた。そうした神事・祭りが遊びとなって今日に伝わってきた可能性が高いと著者はいう。本書は、あの「カゴメ歌」に秘められた暗号を解読しながら、古代史の謎に迫る歴史読み物。

 民俗学者の柳田国男は、カゴメは「籠目」ではなく、鬼がしゃがんだ状態を示す「かがめ」がなまったものだと解釈。しかし、著者は竹で編んだカゴ(籠)そのものが神聖な器であり、カゴメの一言がすでに暗示であったと、その理由を解説する。竹取物語との共通性、原形とみられる地蔵遊び、千葉県野田市に伝わる発祥伝説などを検証しながら、邪馬台国など古代史の真相に迫る。(PHP研究所 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る