トランプ政権誕生の原動力になったアメリカ底辺層のリアル

公開日: 更新日:

「ドラッグと分断社会アメリカ」カール・ハート著 寺町朋子訳

 貧しい黒人地域の7人姉弟の下から3番目に生まれ、高校時代まではクールガイを気取ってクスリや銃を試した著者。高卒後に空軍に入り、沖縄駐留時に大学の講座を受講したことから次第に学問の道へ。いまではコロンビア大の心理学科を率いる重責を担う有名な心理学者にまでなったのだ。

 その生涯を自らふりかえりながら、著者が主張するのは「薬物依存」への偏見と薬物犯罪への厳罰化の行き過ぎ。著者は自分の経験から薬物使用者は「ジャンキー」ではないという。厳罰化で投獄や社会的非難が重なるうちに依存に追い込まれてしまう。つまり依存は「つくられる」というのだ。

 著者は薬物を勧めているわけではなく、ほんのわずかな社会環境の違いが、いかにマイノリティーの社会のなかに壁をつくり、社会の分断を生み出すかを自分自身(と周囲)を実例に語る。


「貧困から抜け出せない黒人」への批判に対するていねいで有力な反論にもなっている。(早川書房3000 円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る