軽快な大阪弁で語られる音楽漬け少女の心情

公開日:

「ミュージック・ブレス・ユー!!」津村記久子著/角川文庫 520円+税

【話題】電車の中などで、若者の音楽プレーヤーのヘッドホンから音が漏れ出し、顔をしかめている中高年という図をよく見かける。

 しかし考えてみれば、自分の身近で常に音楽を聴くことができるようになったのはそう昔の話ではない。ウォークマンが登場したとき、歩きながら音楽を聴けるというのは音楽好きにはまさに福音だったが、それから40年近く経った今、そうした環境はごく当たり前。逆に、その環境がなければ生きていけないという人もいる。

 本書はそんな音楽漬けの高校3年生の女の子が主人公。

【あらすじ】幼稚園から中学校にかけてのアズミは、じっと座っていられないし、先生の話もちゃんと聞けないし、教科書やノートはしゅっちゅうなくすし、中学に入るまで靴のひもも結べなかった。それでも父親がこの高校に受かったらCDを10万円分買ってやろうと言ったので、泣きながら勉強してなんとか合格する。というのも、アズミにとって何より大事なのが音楽なのだ。

 人と話しているとき、やる気がそがれていないときの授業中、アルバイトの間などを除いて、アザミはヘッドホンを頭から離すことがなく、ひたすら音楽に身を浸していた。聴くのはもっぱらパンク。

 しかし、3年生になり、彼女がベースを担当していたバンドは解散、唯一の友達のチユキは、金沢の国立大学を目指して受験勉強中、3学期を前にいまだ進路が決まらないアズミは、自分は一体何をしたいのだろうか、と考え込んでしまう……。

【読みどころ】背が高く、髪を赤く染め、歯にはカラフルな矯正器といったアズミが、なぜそこまで音楽にのめり込んでいくのか。そんな彼女のナイーブな心情が、軽快な大阪弁に乗って語られていく青春小説。
<石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る