「和菓子を愛した人たち」虎屋文庫編著

公開日:

「暴れん坊将軍」として時代劇でもお馴染みの徳川吉宗には好物の菓子があった。東海道の名物、きな粉をまぶした安倍川餅だ。駿河国出身の家臣が作る安倍川餅がお気に入りで、家臣も「富士川の雪水で育てたもち米がおいしさを生む」と考え、わざわざ駿河からもち米を取り寄せて作っていたという。享保の改革で倹約を強い、自らも食生活のぜいたくを戒めたが、この安倍川餅だけは主君を思う家臣の気持ちを思いやって味わったかもしれない。

 小説家芥川龍之介はニヒルな印象とは裏腹に、かなりの菓子好きだった。特に好きだったのが汁粉で、上野の常磐という店をひいきにし、小倉汁粉をお代わりするのが決まりだった。

 室町時代に京都で創業した虎屋が持つ菓子資料を基に、清少納言や森鴎外ら歴史上の人物100人の和菓子にまつわるエピソードを紹介。(山川出版社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る