「和菓子を愛した人たち」虎屋文庫編著

公開日: 更新日:

「暴れん坊将軍」として時代劇でもお馴染みの徳川吉宗には好物の菓子があった。東海道の名物、きな粉をまぶした安倍川餅だ。駿河国出身の家臣が作る安倍川餅がお気に入りで、家臣も「富士川の雪水で育てたもち米がおいしさを生む」と考え、わざわざ駿河からもち米を取り寄せて作っていたという。享保の改革で倹約を強い、自らも食生活のぜいたくを戒めたが、この安倍川餅だけは主君を思う家臣の気持ちを思いやって味わったかもしれない。

 小説家芥川龍之介はニヒルな印象とは裏腹に、かなりの菓子好きだった。特に好きだったのが汁粉で、上野の常磐という店をひいきにし、小倉汁粉をお代わりするのが決まりだった。

 室町時代に京都で創業した虎屋が持つ菓子資料を基に、清少納言や森鴎外ら歴史上の人物100人の和菓子にまつわるエピソードを紹介。(山川出版社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る

人気キーワード