「和菓子を愛した人たち」虎屋文庫編著

公開日: 更新日:

「暴れん坊将軍」として時代劇でもお馴染みの徳川吉宗には好物の菓子があった。東海道の名物、きな粉をまぶした安倍川餅だ。駿河国出身の家臣が作る安倍川餅がお気に入りで、家臣も「富士川の雪水で育てたもち米がおいしさを生む」と考え、わざわざ駿河からもち米を取り寄せて作っていたという。享保の改革で倹約を強い、自らも食生活のぜいたくを戒めたが、この安倍川餅だけは主君を思う家臣の気持ちを思いやって味わったかもしれない。

 小説家芥川龍之介はニヒルな印象とは裏腹に、かなりの菓子好きだった。特に好きだったのが汁粉で、上野の常磐という店をひいきにし、小倉汁粉をお代わりするのが決まりだった。

 室町時代に京都で創業した虎屋が持つ菓子資料を基に、清少納言や森鴎外ら歴史上の人物100人の和菓子にまつわるエピソードを紹介。(山川出版社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  9. 9

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る