• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「社会学者がニューヨークの地下経済に潜入してみた」スディール・ヴェンカテッシュ著、望月衛訳

 社会学者である「ぼく」は、ニューヨークの地下経済を調査するために、セレブな学生らと付き合うようになる。ハーバードで開かれたワインのテイスティングで知り合ったアナリーズは、高級ホテルでコカインをやらせた女の子を男たちに紹介してもうけていた。彼女はそれを「事業」だと言い、自分はあの子たちを助けていると考えている。

 一方、パキスタンからの移民のアザドは初めは新聞スタンドで働いていたが、やがて不法移民に仕事を紹介する副業に手を出す。

 ニューヨークの表と裏の世界で苦悩する学者の10年の記録。(東洋経済新報社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る