「社会学者がニューヨークの地下経済に潜入してみた」スディール・ヴェンカテッシュ著、望月衛訳

公開日: 更新日:

 社会学者である「ぼく」は、ニューヨークの地下経済を調査するために、セレブな学生らと付き合うようになる。ハーバードで開かれたワインのテイスティングで知り合ったアナリーズは、高級ホテルでコカインをやらせた女の子を男たちに紹介してもうけていた。彼女はそれを「事業」だと言い、自分はあの子たちを助けていると考えている。

 一方、パキスタンからの移民のアザドは初めは新聞スタンドで働いていたが、やがて不法移民に仕事を紹介する副業に手を出す。

 ニューヨークの表と裏の世界で苦悩する学者の10年の記録。(東洋経済新報社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

  10. 10

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る