「社会学者がニューヨークの地下経済に潜入してみた」スディール・ヴェンカテッシュ著、望月衛訳

公開日:

 社会学者である「ぼく」は、ニューヨークの地下経済を調査するために、セレブな学生らと付き合うようになる。ハーバードで開かれたワインのテイスティングで知り合ったアナリーズは、高級ホテルでコカインをやらせた女の子を男たちに紹介してもうけていた。彼女はそれを「事業」だと言い、自分はあの子たちを助けていると考えている。

 一方、パキスタンからの移民のアザドは初めは新聞スタンドで働いていたが、やがて不法移民に仕事を紹介する副業に手を出す。

 ニューヨークの表と裏の世界で苦悩する学者の10年の記録。(東洋経済新報社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る