• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「いつの日か伝説になる」藤本ひとみ著

 中学生の上杉和典は同級生の黒木貴和に誘われて、やはり同級生の小塚と夏休みに巨大複合企業、三住グループの懇親会に参加することになった。黒木は第三者の提供する精子と卵子、代理母によって生まれたが、懇親会への招待はその出自と関係がありそうだ。

 和典は幼馴染みの小林健斗にも声をかけた。健斗は継父によって母と2人の弟を殺され、今は祖母と2人で貧しい暮らしをしている。健斗は三住グループ創業家の当主、村上総の養子になりたいといい、なぜか神隠しにあった曽祖父の形見のナイフを持ってきた。

 誘拐された幼女、呪いを封じるための祠など、財閥の過去の闇に中学生グループが挑戦するミステリー。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る