「いつの日か伝説になる」藤本ひとみ著

公開日:  更新日:

 中学生の上杉和典は同級生の黒木貴和に誘われて、やはり同級生の小塚と夏休みに巨大複合企業、三住グループの懇親会に参加することになった。黒木は第三者の提供する精子と卵子、代理母によって生まれたが、懇親会への招待はその出自と関係がありそうだ。

 和典は幼馴染みの小林健斗にも声をかけた。健斗は継父によって母と2人の弟を殺され、今は祖母と2人で貧しい暮らしをしている。健斗は三住グループ創業家の当主、村上総の養子になりたいといい、なぜか神隠しにあった曽祖父の形見のナイフを持ってきた。

 誘拐された幼女、呪いを封じるための祠など、財閥の過去の闇に中学生グループが挑戦するミステリー。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る