「いつの日か伝説になる」藤本ひとみ著

公開日: 更新日:

 中学生の上杉和典は同級生の黒木貴和に誘われて、やはり同級生の小塚と夏休みに巨大複合企業、三住グループの懇親会に参加することになった。黒木は第三者の提供する精子と卵子、代理母によって生まれたが、懇親会への招待はその出自と関係がありそうだ。

 和典は幼馴染みの小林健斗にも声をかけた。健斗は継父によって母と2人の弟を殺され、今は祖母と2人で貧しい暮らしをしている。健斗は三住グループ創業家の当主、村上総の養子になりたいといい、なぜか神隠しにあった曽祖父の形見のナイフを持ってきた。

 誘拐された幼女、呪いを封じるための祠など、財閥の過去の闇に中学生グループが挑戦するミステリー。(講談社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  6. 6

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

もっと見る

人気キーワード