「日米開戦へのスパイ」孫崎享著

公開日: 更新日:

 昭和史に残るスパイ事件が1941年に起きたゾルゲ事件だ。だが、この事件には謎が多い。ソ連の諜報員、リヒャルト・ゾルゲの協力者とされた尾崎秀実は、10月15日に逮捕されたことになっているが、実は14日らしい。当時、日米開戦をめぐって近衛文麿首相と東条英機陸相が対立しており、第3次近衛内閣が崩壊した後は、東条を除外して第4次近衛内閣を組閣すると思われていた。そのタイミングでゾルゲ事件が起きたのだが、尾崎は近衛首相のブレーンだった。16日に近衛内閣は総辞職し、東条内閣が誕生した。東条は尾崎逮捕に最も積極的だったという。

 元外務省国際情報局長がゾルゲ事件の闇を解明する。(祥伝社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る