• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「僕が恋した日本茶のこと」ブレケル・オスカル著

 スウェーデン生まれの著者(32歳)は高校生時代に日本茶のとりこになり、日本茶を学ぶために日本語を習得し、2010年に岐阜大学へ留学。14年には「日本茶インストラクター」の資格を取得した。そんな彼が日本茶の魅力を語った本。

 大産地・牧之原台地のお茶づくりは、明治維新で特権を失った武士と川越人足が入植し、アメリカ向けの輸出品として日本茶の栽培が始まったという意外な歴史があることや、お茶の色は緑色というイメージが定着するに至った歴史にもさまざまなドラマがあることなど、日本人にもあまり知られていないことが随所で紹介されている。

 著者が日本茶の世界に開眼するきっかけとなったのが、東京・表参道にある日本茶カフェ「茶茶の間」で味わったこと。その店のオーナー・和多田喜氏との対談も収録。 (駒草出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る