「僕が恋した日本茶のこと」ブレケル・オスカル著

公開日: 更新日:

 スウェーデン生まれの著者(32歳)は高校生時代に日本茶のとりこになり、日本茶を学ぶために日本語を習得し、2010年に岐阜大学へ留学。14年には「日本茶インストラクター」の資格を取得した。そんな彼が日本茶の魅力を語った本。

 大産地・牧之原台地のお茶づくりは、明治維新で特権を失った武士と川越人足が入植し、アメリカ向けの輸出品として日本茶の栽培が始まったという意外な歴史があることや、お茶の色は緑色というイメージが定着するに至った歴史にもさまざまなドラマがあることなど、日本人にもあまり知られていないことが随所で紹介されている。

 著者が日本茶の世界に開眼するきっかけとなったのが、東京・表参道にある日本茶カフェ「茶茶の間」で味わったこと。その店のオーナー・和多田喜氏との対談も収録。 (駒草出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る