「僕が恋した日本茶のこと」ブレケル・オスカル著

公開日: 更新日:

 スウェーデン生まれの著者(32歳)は高校生時代に日本茶のとりこになり、日本茶を学ぶために日本語を習得し、2010年に岐阜大学へ留学。14年には「日本茶インストラクター」の資格を取得した。そんな彼が日本茶の魅力を語った本。

 大産地・牧之原台地のお茶づくりは、明治維新で特権を失った武士と川越人足が入植し、アメリカ向けの輸出品として日本茶の栽培が始まったという意外な歴史があることや、お茶の色は緑色というイメージが定着するに至った歴史にもさまざまなドラマがあることなど、日本人にもあまり知られていないことが随所で紹介されている。

 著者が日本茶の世界に開眼するきっかけとなったのが、東京・表参道にある日本茶カフェ「茶茶の間」で味わったこと。その店のオーナー・和多田喜氏との対談も収録。 (駒草出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る