• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「無敵の二人」中村航著

 赤坂ひかるの父は札幌でボクシングジムを経営していた。北海道からチャンピオンが出たことはないから自分が育てるのだと言っていた父が、脳梗塞で倒れた。母に「ジムの留守番をやってみない?」と言われ、早起きが苦手だったひかるはこれ幸いと会社を辞める。

 初めは練習を見ていた彼女はトレーナーを目指す。父の弟子がジムを辞め、指導者がひかるひとりになったころ、無口な高校生、ハタケがジムにやってきた。ハタケはドスッ、ドスッと、一心にサンドバッグを叩いている。なぜか目新しい光景を見た気がした。

 日本ライトフライ級チャンピオン、畠山昌人を育てた女性トレーナーを描くノンフィクション。

 (文藝春秋 1750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る