「無敵の二人」中村航著

公開日:

 赤坂ひかるの父は札幌でボクシングジムを経営していた。北海道からチャンピオンが出たことはないから自分が育てるのだと言っていた父が、脳梗塞で倒れた。母に「ジムの留守番をやってみない?」と言われ、早起きが苦手だったひかるはこれ幸いと会社を辞める。

 初めは練習を見ていた彼女はトレーナーを目指す。父の弟子がジムを辞め、指導者がひかるひとりになったころ、無口な高校生、ハタケがジムにやってきた。ハタケはドスッ、ドスッと、一心にサンドバッグを叩いている。なぜか目新しい光景を見た気がした。

 日本ライトフライ級チャンピオン、畠山昌人を育てた女性トレーナーを描くノンフィクション。

 (文藝春秋 1750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る