「失われた日本史 迷宮入りした53の謎」歴史の謎研究会編

公開日:  更新日:

 時代の転換点となった歴史上の大事件を取り上げ、そこに潜む謎に迫る歴史読み物。

 戦国最大のミステリーである「本能寺の変」では、これまでさまざまに言われてきた怨恨説・黒幕説を検証し、明智光秀謀反の動機を考える。また「赤穂事件」では、事件の顛末が語りつくされてもなお疑問が残る浅野内匠頭が吉良上野介に刃傷に及んだ理由や、赤穂浪士による討ち入り事件への幕府の関与などにも言及。その他、「応仁の乱」が11年も続いた理由、坂本龍馬を暗殺した刺客の正体、聖徳太子が天皇に即位しなかった背景、間宮林蔵が密告者とされるシーボルト事件など、古代から明治維新まで、教科書では教えてくれない歴史の謎53を推理。

(青春出版社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る