• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「失われた日本史 迷宮入りした53の謎」歴史の謎研究会編

 時代の転換点となった歴史上の大事件を取り上げ、そこに潜む謎に迫る歴史読み物。

 戦国最大のミステリーである「本能寺の変」では、これまでさまざまに言われてきた怨恨説・黒幕説を検証し、明智光秀謀反の動機を考える。また「赤穂事件」では、事件の顛末が語りつくされてもなお疑問が残る浅野内匠頭が吉良上野介に刃傷に及んだ理由や、赤穂浪士による討ち入り事件への幕府の関与などにも言及。その他、「応仁の乱」が11年も続いた理由、坂本龍馬を暗殺した刺客の正体、聖徳太子が天皇に即位しなかった背景、間宮林蔵が密告者とされるシーボルト事件など、古代から明治維新まで、教科書では教えてくれない歴史の謎53を推理。

(青春出版社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る