「失われた日本史 迷宮入りした53の謎」歴史の謎研究会編

公開日:  更新日:

 時代の転換点となった歴史上の大事件を取り上げ、そこに潜む謎に迫る歴史読み物。

 戦国最大のミステリーである「本能寺の変」では、これまでさまざまに言われてきた怨恨説・黒幕説を検証し、明智光秀謀反の動機を考える。また「赤穂事件」では、事件の顛末が語りつくされてもなお疑問が残る浅野内匠頭が吉良上野介に刃傷に及んだ理由や、赤穂浪士による討ち入り事件への幕府の関与などにも言及。その他、「応仁の乱」が11年も続いた理由、坂本龍馬を暗殺した刺客の正体、聖徳太子が天皇に即位しなかった背景、間宮林蔵が密告者とされるシーボルト事件など、古代から明治維新まで、教科書では教えてくれない歴史の謎53を推理。

(青春出版社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る