張学良が突きつけた日本人への問い

公開日:

「張学良秘史」富永孝子著/角川ソフィア文庫

 1936年12月12日に「西安事件」は起こった。その8年前に中国東北部の軍閥の長だった父、張作霖を日本軍によって爆死させられていた張学良は、国民党を率いていた蒋介石に、中国共産党と戦わずに日本軍と戦え、と迫る。西安にやってきた蒋を捕らえて「容共抗日」を強硬に主張したのである。これが「西安事件」だった。ここでの切迫した協議には周恩来も加わっている。張学良は著者に「周恩来という人は、信頼できるすばらしい人格者でした」と語ったという。

 この事件の解決のために南京から飛来したのが蒋介石夫人、宋美齢だった。孫文未亡人、宋慶齢の妹である。

 本書によると、宋美齢は張学良と結婚しようか、蒋介石と結婚しようか、迷ったことがあるらしい。もちろん、蒋もそれは知っていただろう。学良は蒋を監禁して「抗日」に踏み切らせ、その後、南京へ送っていったために、激怒していた蒋から半世紀も幽閉されることになるが、美齢をめぐる2人の男の関係はまさに「秘史」である。

 学良は「花花公子」(プレーボーイ)として知られていた。この本の副題にも「六人の女傑と革命、そして愛」とある。ただし、単なるプレーボーイではなかった。

 NHK取材班、臼井勝美著「張学良の昭和史最後の証言」(角川文庫)によれば、1901年生まれの学良は1990年に行われたインタビューで、こう語っている。

「日本人は、丁寧で親切でした。しかしその一方で、日本人に対して不満を感じていました。それは、いつも中国人に対して、権力でお前を服従させてやるといわんばかりに、しばしば、日本はこれだけの力があるのだと見せつけようとすることです。私は、力を振りかざすものに対しては、恐れることなく反抗する人間です」「私は日本の若者にぜひとも言いたいことがあります。日本の過去の過ちをまずよく知ってください」

 こう訴えた学良は、逆に取材班に次のように尋ねたという。

「日本は何故東条(英機)のような戦犯を靖国神社に祭っているのか。靖国神社に祭られる人は英雄である。戦犯は日本国家の罪人ではないのか。彼らを祭っているのは、彼らを英雄と認めたからなのか」

 これは私たち日本人に突きつけられた匕首のような問いである。★★★(選者・佐高信)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る