• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「長生きしたければ座りすぎをやめなさい」岡浩一朗著

 日本人は、世界一“座りっぱなし”の国民だ。シドニー大学が世界20カ国の成人を対象に行った「平日座位時間」の調査によると、平均値は1日300分だったのに対し、日本人は420分と最長であることが分かったという。そして、この座りっぱなしの生活習慣が、糖尿病や心筋梗塞、そしてがんのリスクを高めているというのだ。

 座位は楽なようだが、たった5分経過しただけで体内では血行が悪くなり、30分を過ぎれば血流速度は立っているときと比較して70%も低下する。血流は命の鍵を握っているといっても過言ではない。長時間の座位が続くと血中には余分な糖や脂肪が飽和し、いわゆる“血液ドロドロ”の状態になり、血管に負担をかけるとともに各種疾患の引き金にもなるのだ。

 座りすぎのリスクを減らすには、30分に1回、最低でも1時間に1回は立ち上がればいい。そんな簡単なことでと思うかもしれないが、これだけでふくらはぎや太ももの筋の収縮が起こり、全身の血流が蘇る。理想は、立ち上がった後で少し動くことだ。とくに、“第2の心臓”と呼ばれるふくらはぎを重点的に動かしてやるといい。2秒でかかとを上げ、2秒で下げる「かかと上げ運動」を5回程度行うだけでも、脚の筋肉のポンプが働いて血流促進効果が期待できる。

 スマホのタイマーなどを活用し、定期的に立つ習慣を付けよう。

(ダイヤモンド社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

もっと見る