「ディレクターズ・カット」歌野晶午著

公開日:  更新日:

 電車が揺れたため見習美容師の川島輪生がつんのめった瞬間、バッグに入れていたはさみが座っていた女に突き刺さった。その場は逃れたが、後で女が死んだことを知った川島は、狼狽してあちこちさまよう。そして自分に絡んできた初老の女、横柄なラーメン店の店主などを刺し殺し、駐車場で車から降りてきた楠木虎太郎に襲いかかった。ケガをしただけで危うく難を逃れた楠木は、自分にやらせの映像を撮らせているディレクター、長谷見の仕込みだと思い込んで、抗議した。

 すると長谷見は、これを利用し、連続殺人犯とコンタクトを取って映像に収めようともくろむ。

 暴走する報道番組の裏側を描くクライムサスペンス。

(幻冬舎 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る