「オリンピックがやってきた」堀川アサコ著

公開日: 更新日:

 西洋館に住んでいる〈奥様〉は亡命ロシア人だと信じられている。タロットカードが得意なので「お屋敷の魔女」と呼ばれ、みんながなくし物の相談などにくる。前田ツナがお腹が痛いという孫娘を連れてきた時は虫垂炎だと見抜いて医者に行かせた。その晩、ツナと嫁は孫娘を初めから医者に連れていかなかったことで口論に。ツナは戦死した息子の形見を入れた手箱を嫁が捨てたと罵る。ある日、奥様の所へ坊主頭の青年がやってきて、実家に手紙を出そうとするとポストも郵便局も消えてしまうという。奥様が預かって前田家に持っていくと、それは戦死した息子の手紙だった。(「第1話」)

 東京五輪開催前の時代を描く6編の短編集。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る