「オリンピックがやってきた」堀川アサコ著

公開日:  更新日:

 西洋館に住んでいる〈奥様〉は亡命ロシア人だと信じられている。タロットカードが得意なので「お屋敷の魔女」と呼ばれ、みんながなくし物の相談などにくる。前田ツナがお腹が痛いという孫娘を連れてきた時は虫垂炎だと見抜いて医者に行かせた。その晩、ツナと嫁は孫娘を初めから医者に連れていかなかったことで口論に。ツナは戦死した息子の形見を入れた手箱を嫁が捨てたと罵る。ある日、奥様の所へ坊主頭の青年がやってきて、実家に手紙を出そうとするとポストも郵便局も消えてしまうという。奥様が預かって前田家に持っていくと、それは戦死した息子の手紙だった。(「第1話」)

 東京五輪開催前の時代を描く6編の短編集。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る