「オリンピックがやってきた」堀川アサコ著

公開日:  更新日:

 西洋館に住んでいる〈奥様〉は亡命ロシア人だと信じられている。タロットカードが得意なので「お屋敷の魔女」と呼ばれ、みんながなくし物の相談などにくる。前田ツナがお腹が痛いという孫娘を連れてきた時は虫垂炎だと見抜いて医者に行かせた。その晩、ツナと嫁は孫娘を初めから医者に連れていかなかったことで口論に。ツナは戦死した息子の形見を入れた手箱を嫁が捨てたと罵る。ある日、奥様の所へ坊主頭の青年がやってきて、実家に手紙を出そうとするとポストも郵便局も消えてしまうという。奥様が預かって前田家に持っていくと、それは戦死した息子の手紙だった。(「第1話」)

 東京五輪開催前の時代を描く6編の短編集。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  7. 7

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  8. 8

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  9. 9

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る