音楽の華・打楽器奏者が主人公

公開日:  更新日:

「麦ふみクーツェ」いしいしんじ著/新潮文庫 710円+税

 音楽小説というと、主役となる楽器はピアノ、ギター、バイオリンの3つが主で、打楽器を主軸に据えた物語はあまりない。ところが、本書の主人公の祖父「吹奏楽の王様」でティンパニストの言によれば、吹奏楽の背骨をつくるのは打楽器であり、打楽器こそ音楽の根元、そして華ということになる。

【あらすじ】主人公の「ぼく」は石畳の敷かれた港町で、祖父と父と3人で暮らしている。祖父はティンパニストとして町の楽団を率いており、音楽に対しては一切の妥協を許さない偏屈者。父はオムレツを作るのが得意な数学者で、素数に取りつかれている。ぼくは飛び抜けて体が大きく、ねこの鳴き真似がうまいことから「ねこ」と呼ばれている。

 祖父の影響で幼い頃から打楽器に親しんできたが、ある夜、とん、たたん、とん、という音を耳にする。それは麦ふみクーツェと名乗る謎の人物が土を踏む音で、その姿はぼくにしか見えない。以来、事あるごとにクーツェが現れることになる。

 やがてぼくは町を離れ、音楽学校に進み音楽家を目指すのだが、その間にさまざまな出来事に出くわす。大量のねずみが空から降ってきて町が大混乱に陥り、それを機に父がねずみに取りつかれてしまう。かと思えば、詐欺師のセールスマンに町じゅうの人たちがだまされたり、なんとも奇妙な挿話がいくつも織り込まれる。

 そして盲目の元ボクサーで異常に聴覚の発達した「ちょうちょおじさん」といった奇妙な人物も登場し、著者独特のファンタスティックな世界が描かれていく。

【読みどころ】本書を原作にした音楽劇も上演され、そこで演奏されたサウンドトラック集には、物語に登場する楽曲が収められている。

<石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る