「街場の天皇論」内田樹著

公開日: 更新日:

 天皇は「シャーマン」としての機能をもち、戦地を訪れて死者を慰霊しているが、日本人の死者だけでなくその地で死んだすべての人を慰霊している。この慰霊こそが天皇の本務なのに、それができなくなりつつあるので「生前退位」が必要となったのだ。

 そういう死者たちへの思いが政治的エネルギーの源泉になっていることを利用しているのが政治家だが、安倍晋三が背負っているのは天皇のような「すべての死者」ではなく「岸信介という生々しい死者」である。だが、日本のリベラル・左翼・知識人は未来志向で、過去の死者をあまり顧みないため極右に勝てないという。

 天皇制と民主国家との共生を考える天皇論。

(東洋経済新報社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る

人気キーワード