「街場の天皇論」内田樹著

公開日:  更新日:

 天皇は「シャーマン」としての機能をもち、戦地を訪れて死者を慰霊しているが、日本人の死者だけでなくその地で死んだすべての人を慰霊している。この慰霊こそが天皇の本務なのに、それができなくなりつつあるので「生前退位」が必要となったのだ。

 そういう死者たちへの思いが政治的エネルギーの源泉になっていることを利用しているのが政治家だが、安倍晋三が背負っているのは天皇のような「すべての死者」ではなく「岸信介という生々しい死者」である。だが、日本のリベラル・左翼・知識人は未来志向で、過去の死者をあまり顧みないため極右に勝てないという。

 天皇制と民主国家との共生を考える天皇論。

(東洋経済新報社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る