「ニュースの深層が見えてくるサバイバル世界史」茂木誠著

公開日:

 人気予備校講師が複雑な世界情勢を解説する国際関係テキスト。

 著者は、国家は争う宿命にあるという。なぜなら人間の行動原理は、サルの時代から変わりなく「資源」と住みやすい「土地」、そして「通り道」の奪い合いという縄張り争いに帰結するからだ。例えばロシアが農業に適した土地と、冬でも凍らない海という「通り道」を求めて南下し続け、イギリスやアメリカが「資源」を得るために中東に介入し続けるように。

 争いに宗教やイデオロギーの対立という「看板」をつけてはいるが、その根底にはこの行動原理がある。中国が海洋進出に乗り出した理由、北朝鮮のミサイル挑発、トランプ大統領誕生の真相、EU分裂の危機など、世界の今とこれからを読み解く。(青春出版社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る