「ニュースの深層が見えてくるサバイバル世界史」茂木誠著

公開日:

 人気予備校講師が複雑な世界情勢を解説する国際関係テキスト。

 著者は、国家は争う宿命にあるという。なぜなら人間の行動原理は、サルの時代から変わりなく「資源」と住みやすい「土地」、そして「通り道」の奪い合いという縄張り争いに帰結するからだ。例えばロシアが農業に適した土地と、冬でも凍らない海という「通り道」を求めて南下し続け、イギリスやアメリカが「資源」を得るために中東に介入し続けるように。

 争いに宗教やイデオロギーの対立という「看板」をつけてはいるが、その根底にはこの行動原理がある。中国が海洋進出に乗り出した理由、北朝鮮のミサイル挑発、トランプ大統領誕生の真相、EU分裂の危機など、世界の今とこれからを読み解く。(青春出版社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る