「ニュースの深層が見えてくるサバイバル世界史」茂木誠著

公開日: 更新日:

 人気予備校講師が複雑な世界情勢を解説する国際関係テキスト。

 著者は、国家は争う宿命にあるという。なぜなら人間の行動原理は、サルの時代から変わりなく「資源」と住みやすい「土地」、そして「通り道」の奪い合いという縄張り争いに帰結するからだ。例えばロシアが農業に適した土地と、冬でも凍らない海という「通り道」を求めて南下し続け、イギリスやアメリカが「資源」を得るために中東に介入し続けるように。

 争いに宗教やイデオロギーの対立という「看板」をつけてはいるが、その根底にはこの行動原理がある。中国が海洋進出に乗り出した理由、北朝鮮のミサイル挑発、トランプ大統領誕生の真相、EU分裂の危機など、世界の今とこれからを読み解く。(青春出版社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る