50年ぶりに妻がパンを食べる姿を見て…

公開日:  更新日:

「しあわせのパン」三島有紀子著/ポプラ文庫 600円+税

 パン屋といえば、町中にあるというのが相場だが、本書の舞台となるのは、北海道の洞爺湖を見渡せる丘の中腹にポツンと立つパン屋。りえと尚の水縞夫妻が営むパンカフェ「カフェ・マーニ」は宿泊もでき、店が供する香り豊かなコーヒーと温かなパンは、訪れる人たちの心を豊かにし、格好の憩いの場所となっている。

【あらすじ】
 羽田空港で恋人に沖縄旅行をすっぽかされた香織は、衝動的に真逆の北海道便に飛び乗る。そして行き着いたのがカフェ・マーニだ。

 ズタズタだった香織の心は、おいしいパンと料理、常連客たちの優しい心遣いで痛みが薄らいでいく。

 母親が家を出ていった事実を受け入れられずに父に反発する小学4年生の未久。そんな父娘の絆をふたたび結びつけるべく、水縞夫妻は未久の母の思いの詰まったポタージュスープをテーブルにのせる。

 結婚して50年。新婚当初、史生がパンを買って帰ると「なんや、パサパサして食べにくい」と言って最後まで食べずに残した妻のアヤ。以来、アヤがパンを食べている姿を見たことがなかった。そのアヤが、カフェ・マーニで出されたパンをおいしそうに食べている。その姿を見て、生きる希望を失ってこの地にやってきたはずの史生の心は、変化を遂げていく――。

【読みどころ】原田知世と大泉洋が夫婦役で共演した同名映画の小説版。映画では主人公の水縞りえ・尚夫婦の微妙な関係はほのめかされる程度だが、本書では尚の日記という形で、2人のバックグラウンドが明かされている。また巻末には、店名の由来となった著者のオリジナル絵本「月とマーニ」がカラーで収録されている。映画を見てから読むと、感慨もひとしお。
<石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る