• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「物語のおわり」湊かなえ著

 35歳の智子は、安定期に入ったお腹の子とフェリーで北海道を目指す。日程が合わず飛行機で往復する夫と現地で合流するまでの束の間のふたり旅だ。妊娠3カ月の時、亡父と同じ直腸がんと診断された智子は、20年前に両親と旅した北海道を再び訪ねてみたかったのだ。

 早朝の甲板で、智子は中学生くらいの少女・萌と出会い、彼女から「空の彼方」というタイトルの紙束を渡される。その中には、山あいの小さな町のパン屋の娘・絵美の物語がつづられていた。しかし、なぜか物語は結末まで描かれていなかった。(「過去へ未来へ」)

 人生の岐路に立ち、北海道へひとり旅をする人たちの心が、結末のない物語と出合うことによって化学変化を起こすさまを描いた連作小説。(朝日新聞出版 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る