「物語のおわり」湊かなえ著

公開日:  更新日:

 35歳の智子は、安定期に入ったお腹の子とフェリーで北海道を目指す。日程が合わず飛行機で往復する夫と現地で合流するまでの束の間のふたり旅だ。妊娠3カ月の時、亡父と同じ直腸がんと診断された智子は、20年前に両親と旅した北海道を再び訪ねてみたかったのだ。

 早朝の甲板で、智子は中学生くらいの少女・萌と出会い、彼女から「空の彼方」というタイトルの紙束を渡される。その中には、山あいの小さな町のパン屋の娘・絵美の物語がつづられていた。しかし、なぜか物語は結末まで描かれていなかった。(「過去へ未来へ」)

 人生の岐路に立ち、北海道へひとり旅をする人たちの心が、結末のない物語と出合うことによって化学変化を起こすさまを描いた連作小説。(朝日新聞出版 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る