「亡命者の古書店 続・私のイギリス物語」佐藤優著

公開日:  更新日:

 元外交官で、現在は作家として活躍する著者の自伝エッセー。

 大学で神学を専攻していた氏は、チェコ人の神学者フロマートカの研究に没頭。さらに研究を深めるために当時、社会主義国だったチェコスロバキアへの留学を模索、その可能性を求めて外務公務員専門職員採用試験に挑む。

 しかし、合格して省から習得を命じられたのはチェコ語ではなくロシア語だった。さらにもくろみが外れ、ロシア語の研修先として派遣されたのは英国の陸軍語学学校だった。研修の合間、フロマートカの書物を探す氏は、古書店主の亡命チェコ人、マストニーク氏と出会う。その後の1年近くにわたる、彼を師として学んだ濃密な時間を追想する。 

 (新潮社 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る