「亡命者の古書店 続・私のイギリス物語」佐藤優著

公開日:  更新日:

 元外交官で、現在は作家として活躍する著者の自伝エッセー。

 大学で神学を専攻していた氏は、チェコ人の神学者フロマートカの研究に没頭。さらに研究を深めるために当時、社会主義国だったチェコスロバキアへの留学を模索、その可能性を求めて外務公務員専門職員採用試験に挑む。

 しかし、合格して省から習得を命じられたのはチェコ語ではなくロシア語だった。さらにもくろみが外れ、ロシア語の研修先として派遣されたのは英国の陸軍語学学校だった。研修の合間、フロマートカの書物を探す氏は、古書店主の亡命チェコ人、マストニーク氏と出会う。その後の1年近くにわたる、彼を師として学んだ濃密な時間を追想する。 

 (新潮社 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る