• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「亡命者の古書店 続・私のイギリス物語」佐藤優著

 元外交官で、現在は作家として活躍する著者の自伝エッセー。

 大学で神学を専攻していた氏は、チェコ人の神学者フロマートカの研究に没頭。さらに研究を深めるために当時、社会主義国だったチェコスロバキアへの留学を模索、その可能性を求めて外務公務員専門職員採用試験に挑む。

 しかし、合格して省から習得を命じられたのはチェコ語ではなくロシア語だった。さらにもくろみが外れ、ロシア語の研修先として派遣されたのは英国の陸軍語学学校だった。研修の合間、フロマートカの書物を探す氏は、古書店主の亡命チェコ人、マストニーク氏と出会う。その後の1年近くにわたる、彼を師として学んだ濃密な時間を追想する。 

 (新潮社 670円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る