• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「十津川警部 九州観光列車の罠」西村京太郎著

 東京、神奈川、沖縄を現場とする連続少女暴行殺人事件が発生。十津川らは半年に及ぶ捜査で大物政治家の小西を逮捕する。決定的証拠となったのは、刑事の亀井が入手した愛人から小西に送られた手紙だった。

 事件の初公判が迫る中、亀井は休暇を利用して息子の健一と旅行に出かける。鉄道ファンの健一のリクエストで、長崎と佐世保間を走る観光列車「或る列車」に乗車するのが旅の目的だ。

 しかし、乗車中に健一が姿を消してしまう。知らせを受けた十津川は列車の終点・佐世保に急行。やがて、健一を誘拐した犯人から亀井に連絡が入り、誘拐犯は健一の命と引き換えに証拠の手紙を要求してくるのだった。

 九州の観光列車を舞台にした旅情ミステリー。

 (集英社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る