「十津川警部 九州観光列車の罠」西村京太郎著

公開日:  更新日:

 東京、神奈川、沖縄を現場とする連続少女暴行殺人事件が発生。十津川らは半年に及ぶ捜査で大物政治家の小西を逮捕する。決定的証拠となったのは、刑事の亀井が入手した愛人から小西に送られた手紙だった。

 事件の初公判が迫る中、亀井は休暇を利用して息子の健一と旅行に出かける。鉄道ファンの健一のリクエストで、長崎と佐世保間を走る観光列車「或る列車」に乗車するのが旅の目的だ。

 しかし、乗車中に健一が姿を消してしまう。知らせを受けた十津川は列車の終点・佐世保に急行。やがて、健一を誘拐した犯人から亀井に連絡が入り、誘拐犯は健一の命と引き換えに証拠の手紙を要求してくるのだった。

 九州の観光列車を舞台にした旅情ミステリー。

 (集英社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る