「急行奥只見殺人事件」西村京太郎著

公開日:  更新日:

 新潟県の大和町と入広瀬村で相次いで殺人事件が発生。さらに福島県会津若松・鶴ケ城のお堀で変死体が見つかる。新潟県警から東京出身の被害者の身元照会の依頼を受けた警視庁の十津川は、事件が只見線の沿線で起きていることに気付き、福島の変死体も殺人ではないかと疑う。

 福島県警は事故死と断定するが、入広瀬村で殺された実業家・岸本と会津若松で見つかった宝石商・今西の所持品から、不釣り合いなラムネ菓子が出てくる。

 やがて今西と岸本がともに銀座の高級会員制クラブの会員と分かる。しかし、大和町で殺された大学院生・川島と2人の共通点は見つからない。捜査に乗り出した十津川は急行奥只見に乗り、被害者の足跡をたどる。

 只見線を舞台にした長編鉄道ミステリー。(祥伝社 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る