• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「もうすぐ絶滅するという煙草について」キノブックス編集部編

 冒頭、芥川龍之介の俳句「紙巻の煙の垂るる夜長かな」の紹介で始まる本書は、たばこについて書いたり、語ったりした作家らのエッセーをまとめたものだ。

 例えば「オーパ!」など数々の名作ルポルタージュを世に送りだし、無類の愛煙家で知られた開高健(1989年没)はインタビューでこう言う。

「たばこの効用ってのは、煙にあるんじゃないだろうか。ユラユラ、モクモクと動く煙を見ているうちに、無意識に心が解放されていくんやね。暗闇のなかでたばこを吸ってごらんなさい。味も何もしやしない。第一、吸う気にもならない」

 他に、たばこは献酬(お酒を酌み交わすこと)と同じく、見ず知らずの人からもらってもよいもののひとつだが、これは共に「共同体立ち上げの儀式」であったことの名残ではないかという、哲学者の内田樹や、浅田次郎、安西水丸、島田雅彦らのエッセー42編を収録。

(キノブックス 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る