• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「いま蘇る柳田國男の農政改革」山下一仁著

 日本民俗学の祖として有名な柳田國男だが、官僚としても長く活躍した。官僚のスタートは農商務省(現在の農林水産省と経済産業省)で、農務官僚として農民の生活向上のためにさまざまな提言をなしたが、それらの提言はあまりに水準が高く、時代を先取りしていたため、当時の農政・農業界からことごとく無視された。しかし、今こそその考えを活用すべき時期なのではないか? 本書は、現在の農政・農業問題を解決する指針として農政学者・柳田國男に新たに光を当てたもの。

 不在地主を帰農させ、小農業から中農業へ転換し、余剰の労働力を他の産業に振り向ける。農業機械の共同利用、農家相互間の金融等を行う産業組合の活用。効率のいい耕地の集団化、連担化といったものが柳田の構造改革案だが、これらは地主制=小農主義という明治以来の農業政策と真っ向から対立するもの。農水省出身の著者は、近代日本の農政が陥った病弊を暴き出し、柳田の改革案をてことして農政改革の抜本的な提言をなす。

(新潮社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る