「小水力発電が地域を救う」中島大著

公開日:  更新日:

 1981年、エコブームを背景に有機農業、反原発などをテーマに掲げていた、学者、市民団体などが「水車むら会議」という団体を立ち上げ、そのシンボルとなる上掛け水車の建設を始めた。

 当時学生だった著者が、この工事に参加したのは翌82年のこと。以来、2005年にはボランティアで小水力利用推進協議会を、09年には小水力開発支援協会という社団法人を設立する。

 こうした活動を通して、次々と山村が蘇っていく岐阜県九頭竜川流域の石徹白地区。著者自身が現地調査して、小水力発電は十分可能と判断、16年には農協営発電所が運転を開始した。この他、熊本では棚田発電を利用するなど、地域の事情に見合った開発で数々の成果を上げていった。本書は未来の山村を活性化するための新たな提言書。 (東洋経済新報社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る