• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「小水力発電が地域を救う」中島大著

 1981年、エコブームを背景に有機農業、反原発などをテーマに掲げていた、学者、市民団体などが「水車むら会議」という団体を立ち上げ、そのシンボルとなる上掛け水車の建設を始めた。

 当時学生だった著者が、この工事に参加したのは翌82年のこと。以来、2005年にはボランティアで小水力利用推進協議会を、09年には小水力開発支援協会という社団法人を設立する。

 こうした活動を通して、次々と山村が蘇っていく岐阜県九頭竜川流域の石徹白地区。著者自身が現地調査して、小水力発電は十分可能と判断、16年には農協営発電所が運転を開始した。この他、熊本では棚田発電を利用するなど、地域の事情に見合った開発で数々の成果を上げていった。本書は未来の山村を活性化するための新たな提言書。 (東洋経済新報社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る