「小水力発電が地域を救う」中島大著

公開日:  更新日:

 1981年、エコブームを背景に有機農業、反原発などをテーマに掲げていた、学者、市民団体などが「水車むら会議」という団体を立ち上げ、そのシンボルとなる上掛け水車の建設を始めた。

 当時学生だった著者が、この工事に参加したのは翌82年のこと。以来、2005年にはボランティアで小水力利用推進協議会を、09年には小水力開発支援協会という社団法人を設立する。

 こうした活動を通して、次々と山村が蘇っていく岐阜県九頭竜川流域の石徹白地区。著者自身が現地調査して、小水力発電は十分可能と判断、16年には農協営発電所が運転を開始した。この他、熊本では棚田発電を利用するなど、地域の事情に見合った開発で数々の成果を上げていった。本書は未来の山村を活性化するための新たな提言書。 (東洋経済新報社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る