• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「残りの人生で、今日がいちばん若い日」盛田隆二著

 ある夜、出版社の編集者・柴田が、交際中の冴美と帰宅すると、誰もいないはずの家の明かりがともっていた。

 祖父母と暮らす9歳の娘・菜摘が、休日を父親と過ごすためにひとりで来ていたのだ。5年前に離婚した際、柴田が菜摘を引き取ったのだ。

 一方、16年間勤務した百貨店を辞め、求職活動中の百恵は、結婚相談所に登録して何人かの男性と交際するが、再就職も結婚も思うように進まない。担当する作家・黒崎の新刊の販促に動き出した柴田は、ある書店員が書いた感想コメントが気に入り、その書店員が勤務する店でサイン会を催すことに。コメントを書いたのは契約社員として働く百恵だった。

 それぞれ事情を抱える2人の間に、ゆっくりと熟成される愛を描いた長編。(祥伝社 730円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る