「残りの人生で、今日がいちばん若い日」盛田隆二著

公開日:  更新日:

 ある夜、出版社の編集者・柴田が、交際中の冴美と帰宅すると、誰もいないはずの家の明かりがともっていた。

 祖父母と暮らす9歳の娘・菜摘が、休日を父親と過ごすためにひとりで来ていたのだ。5年前に離婚した際、柴田が菜摘を引き取ったのだ。

 一方、16年間勤務した百貨店を辞め、求職活動中の百恵は、結婚相談所に登録して何人かの男性と交際するが、再就職も結婚も思うように進まない。担当する作家・黒崎の新刊の販促に動き出した柴田は、ある書店員が書いた感想コメントが気に入り、その書店員が勤務する店でサイン会を催すことに。コメントを書いたのは契約社員として働く百恵だった。

 それぞれ事情を抱える2人の間に、ゆっくりと熟成される愛を描いた長編。(祥伝社 730円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る