• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「残りの人生で、今日がいちばん若い日」盛田隆二著

 ある夜、出版社の編集者・柴田が、交際中の冴美と帰宅すると、誰もいないはずの家の明かりがともっていた。

 祖父母と暮らす9歳の娘・菜摘が、休日を父親と過ごすためにひとりで来ていたのだ。5年前に離婚した際、柴田が菜摘を引き取ったのだ。

 一方、16年間勤務した百貨店を辞め、求職活動中の百恵は、結婚相談所に登録して何人かの男性と交際するが、再就職も結婚も思うように進まない。担当する作家・黒崎の新刊の販促に動き出した柴田は、ある書店員が書いた感想コメントが気に入り、その書店員が勤務する店でサイン会を催すことに。コメントを書いたのは契約社員として働く百恵だった。

 それぞれ事情を抱える2人の間に、ゆっくりと熟成される愛を描いた長編。(祥伝社 730円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

もっと見る