「名画の謎解き」木村泰司著

公開日: 更新日:

 西洋美術はある一定のメッセージを伝える手段として制作されており、肖像画や静物画にも、哲学的または宗教的なメッセージが込められているものが多い。多くの現代人にとっては謎となってしまった名画に込められたそうしたメッセージを読み解く美術エッセー。

 例えば、ビーナスと息子のキューピッドがキスを交わしている場面が描かれたアーニョロ・ブロンズィーノによる16世紀の絵画「愛の寓意」。2人の周りに描かれた不思議な人物やモチーフなども読み解きながら、ビーナスとキューピッドが象徴する愛には欺瞞があることを表し、それは時が経つにつれて真理が暴かれると解釈することができると説く。

 その他、ゴッホの「星月夜」など27作品を取り上げる。(大和書房 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍昭恵夫人の“奇抜ドレス”「即位礼正殿の儀」をブチ壊し

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  6. 6

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  7. 7

    南アに“ジェイミー流”で屈辱ノートライ W杯4強逃した背景

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    ラグビー協会に内紛…ジョセフHC続投に“慎重論”で大迷走

  10. 10

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る