「牛と土 福島、3・11その後。」眞並恭介著

公開日:  更新日:

 2011年の原発事故から2カ月後、国は原発から半径20キロ圏内の警戒区域に残された家畜の殺処分を指示。しかし、許可証がなければ立ち入ることもできない区域の牧場でいまも生き続けている牛たちがいる。本書は、処分に同意できず、被ばくして出荷できない牛たちを命懸けで守ってきた牛飼いたちの戦いを追ったルポルタージュ。

 原発の北西約10キロ、福島県浪江町小丸地区で繁殖用の牛と子牛など合わせて20頭を飼育していた渡部さんは、「いま生きている牛を無駄に死なせて、これから先、牛飼いを続けていくことはできない」と避難先から通って牛の世話を続ける。渡部さんをはじめ、被ばくした牛が生きていく意味を問い続けながら、必死に現実に立ち向かった牛飼いたちの克明な記録。(集英社 640円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る