「牛と土 福島、3・11その後。」眞並恭介著

公開日: 更新日:

 2011年の原発事故から2カ月後、国は原発から半径20キロ圏内の警戒区域に残された家畜の殺処分を指示。しかし、許可証がなければ立ち入ることもできない区域の牧場でいまも生き続けている牛たちがいる。本書は、処分に同意できず、被ばくして出荷できない牛たちを命懸けで守ってきた牛飼いたちの戦いを追ったルポルタージュ。

 原発の北西約10キロ、福島県浪江町小丸地区で繁殖用の牛と子牛など合わせて20頭を飼育していた渡部さんは、「いま生きている牛を無駄に死なせて、これから先、牛飼いを続けていくことはできない」と避難先から通って牛の世話を続ける。渡部さんをはじめ、被ばくした牛が生きていく意味を問い続けながら、必死に現実に立ち向かった牛飼いたちの克明な記録。(集英社 640円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る

人気キーワード