「牛と土 福島、3・11その後。」眞並恭介著

公開日:  更新日:

 2011年の原発事故から2カ月後、国は原発から半径20キロ圏内の警戒区域に残された家畜の殺処分を指示。しかし、許可証がなければ立ち入ることもできない区域の牧場でいまも生き続けている牛たちがいる。本書は、処分に同意できず、被ばくして出荷できない牛たちを命懸けで守ってきた牛飼いたちの戦いを追ったルポルタージュ。

 原発の北西約10キロ、福島県浪江町小丸地区で繁殖用の牛と子牛など合わせて20頭を飼育していた渡部さんは、「いま生きている牛を無駄に死なせて、これから先、牛飼いを続けていくことはできない」と避難先から通って牛の世話を続ける。渡部さんをはじめ、被ばくした牛が生きていく意味を問い続けながら、必死に現実に立ち向かった牛飼いたちの克明な記録。(集英社 640円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る