「私立探偵・小仏太郎天城越え殺人事件」梓太郎著

公開日:  更新日:

 私立探偵の小仏に修善寺温泉の旅館の女将から従業員の身元照会の依頼が舞い込む。聞くと、1週間前に客として投宿したユリという若い女性から雇ってほしいと頼まれ、働かせているという。小仏は、かつてユリが働いていた東京の額縁屋や借りている足立区のマンションの大家を訪ねる。ユリは母親の佐和子の仕事を手伝うと額縁屋を辞めたが、半年前から佐和子と別居していることが分かった。

 佐和子を捜して下田の実家を訪ねた小仏は、佐和子の父親の岩田が、5年前に修善寺のスナックのホステスだった保乃香の部屋で何者かに殺されていたことを知る。事件はまだ解決していなかった。

 伊豆の温泉地を舞台にした人気トラベルミステリーシリーズ最新刊。(実業之日本社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る