• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「私立探偵・小仏太郎天城越え殺人事件」梓太郎著

 私立探偵の小仏に修善寺温泉の旅館の女将から従業員の身元照会の依頼が舞い込む。聞くと、1週間前に客として投宿したユリという若い女性から雇ってほしいと頼まれ、働かせているという。小仏は、かつてユリが働いていた東京の額縁屋や借りている足立区のマンションの大家を訪ねる。ユリは母親の佐和子の仕事を手伝うと額縁屋を辞めたが、半年前から佐和子と別居していることが分かった。

 佐和子を捜して下田の実家を訪ねた小仏は、佐和子の父親の岩田が、5年前に修善寺のスナックのホステスだった保乃香の部屋で何者かに殺されていたことを知る。事件はまだ解決していなかった。

 伊豆の温泉地を舞台にした人気トラベルミステリーシリーズ最新刊。(実業之日本社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る