「動物たちのすごいワザを物理で解く」マティン・ドラーニリズ・カローガー著 吉田三知世訳

公開日:

 動物の生態のほとんどすべては、子孫を残すための生殖とそれを維持するための食べ物を確保することだと語る著者。そして、動物は人間より先に物理を利用し始めたと。

 例えばデンキウナギ。彼らは電気の原理を応用し、高圧電流を一気に発生させ、感電死させる。彼らの頭はプラス極、尻尾はマイナス極になっていて、皮膚の上の電流を増加させる。獲物を見つけると数段高いパルスを送り、その存在を確かめる。次に最高500ボルトに達するパルスを、毎秒400回という速さで目標に発射する。食べるまでの時間はわずか0・1秒という早業だ。

 この他、「低音で誘惑する孔雀」「三角測量がお得意の象」「生物版GPSを使う亀」など、おもしろ物理学と動物の話が満載されている。(合同出版 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る