「動物たちのすごいワザを物理で解く」マティン・ドラーニリズ・カローガー著 吉田三知世訳

公開日: 更新日:

 動物の生態のほとんどすべては、子孫を残すための生殖とそれを維持するための食べ物を確保することだと語る著者。そして、動物は人間より先に物理を利用し始めたと。

 例えばデンキウナギ。彼らは電気の原理を応用し、高圧電流を一気に発生させ、感電死させる。彼らの頭はプラス極、尻尾はマイナス極になっていて、皮膚の上の電流を増加させる。獲物を見つけると数段高いパルスを送り、その存在を確かめる。次に最高500ボルトに達するパルスを、毎秒400回という速さで目標に発射する。食べるまでの時間はわずか0・1秒という早業だ。

 この他、「低音で誘惑する孔雀」「三角測量がお得意の象」「生物版GPSを使う亀」など、おもしろ物理学と動物の話が満載されている。(合同出版 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る