「み仏のかんばせ」安住洋子著

公開日:  更新日:

 松助は、死罪人の首を斬り落とす徳川家御佩刀御様御用役の浅右衛門に中間として仕える。松助が実は志乃という名の女だということは浅右衛門しか知らない。10年前、14歳で奉公に出された志乃は女衒から逃げ出し、男装して江戸にたどりついた。口入屋の仲介で、浅右衛門に雇われた志乃は、以来、男として生きてきた。

 しかし、ある夜、夜盗に襲われたことをきっかけに、主に迷惑が及ぶことを恐れた松助は、女に戻り、物売りをしながら長屋で人目を忍びながら暮らす。やがて、普請屋の下働きの壮太と所帯を持つことになった志乃だが、壮太も人に明かせない過去を抱えていることが分かる。

 過去がある2人が支え合って生きる姿を描く人情時代長編。 (小学館 570円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る