「み仏のかんばせ」安住洋子著

公開日: 更新日:

 松助は、死罪人の首を斬り落とす徳川家御佩刀御様御用役の浅右衛門に中間として仕える。松助が実は志乃という名の女だということは浅右衛門しか知らない。10年前、14歳で奉公に出された志乃は女衒から逃げ出し、男装して江戸にたどりついた。口入屋の仲介で、浅右衛門に雇われた志乃は、以来、男として生きてきた。

 しかし、ある夜、夜盗に襲われたことをきっかけに、主に迷惑が及ぶことを恐れた松助は、女に戻り、物売りをしながら長屋で人目を忍びながら暮らす。やがて、普請屋の下働きの壮太と所帯を持つことになった志乃だが、壮太も人に明かせない過去を抱えていることが分かる。

 過去がある2人が支え合って生きる姿を描く人情時代長編。 (小学館 570円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  6. 6

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

  10. 10

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

もっと見る