「み仏のかんばせ」安住洋子著

公開日: 更新日:

 松助は、死罪人の首を斬り落とす徳川家御佩刀御様御用役の浅右衛門に中間として仕える。松助が実は志乃という名の女だということは浅右衛門しか知らない。10年前、14歳で奉公に出された志乃は女衒から逃げ出し、男装して江戸にたどりついた。口入屋の仲介で、浅右衛門に雇われた志乃は、以来、男として生きてきた。

 しかし、ある夜、夜盗に襲われたことをきっかけに、主に迷惑が及ぶことを恐れた松助は、女に戻り、物売りをしながら長屋で人目を忍びながら暮らす。やがて、普請屋の下働きの壮太と所帯を持つことになった志乃だが、壮太も人に明かせない過去を抱えていることが分かる。

 過去がある2人が支え合って生きる姿を描く人情時代長編。 (小学館 570円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る