「戌亥の追風」山本一力著

公開日:  更新日:

 嘉永6(1853)年、江戸が黒船来航に揺れる中、木更津の薪炭問屋「波切屋」は、仕入れた流木の丸太を材木問屋の吉野屋に転売。流木は「拾った者勝ち」が習わしだが、丸太に「御公儀御用」と材木問屋「深川木柾」の焼き印を見つけた吉野屋は、木柾と掛け合って、丸太を譲るとの一判を得るよう言い出す。木柾の娘と顔なじみの波切屋の次女・おきょうがその役を買って出て、五大力船で江戸に向かう。しかし、おきょうは理由も告げられぬまま、中川の船番所に留め置かれ、吟味を受けることに。江戸の薪炭問屋「上総屋」の手代、仙之助はおきょうを助け出すために、佃島の肝煎、五兵衛に協力を求める。

 女のために悪と戦う男たちを描く長編時代小説。

 (集英社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る