「戌亥の追風」山本一力著

公開日: 更新日:

 嘉永6(1853)年、江戸が黒船来航に揺れる中、木更津の薪炭問屋「波切屋」は、仕入れた流木の丸太を材木問屋の吉野屋に転売。流木は「拾った者勝ち」が習わしだが、丸太に「御公儀御用」と材木問屋「深川木柾」の焼き印を見つけた吉野屋は、木柾と掛け合って、丸太を譲るとの一判を得るよう言い出す。木柾の娘と顔なじみの波切屋の次女・おきょうがその役を買って出て、五大力船で江戸に向かう。しかし、おきょうは理由も告げられぬまま、中川の船番所に留め置かれ、吟味を受けることに。江戸の薪炭問屋「上総屋」の手代、仙之助はおきょうを助け出すために、佃島の肝煎、五兵衛に協力を求める。

 女のために悪と戦う男たちを描く長編時代小説。

 (集英社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  7. 7

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  8. 8

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

もっと見る