「奏弾室」仁木英之著

公開日:  更新日:

 子供のころ、ピアノのレッスンで「心がこもっていない」と叱られて、音がわからなくなってしまった秋葉佑介。近くの谷津塚山の遊歩道を散歩していたら、ピアノの音が聞こえてきた。まるで呼ばれているように歩いていくと古い洋館があり、「奏弾室」というプレートがかかっている。

 そこは松田沙良という女性が教えている音楽教室で、やってきた生徒の益田が練習を始めた。その演奏は沙良より下手なのに、佑介は涙が止まらなくなった。益田は娘の結婚式にピアノを弾くので、佑介に譜めくりをやってほしいという。ところが、結婚式の日、新郎新婦の姿はなかった。(第1話)

 ピアノをめぐるミステリアスなファンタジー7編。

(徳間書店 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る