「太陽と乙女」森見登美彦著

公開日:

「太陽の塔」で日本ファンタジーノベル大賞を受賞してデビュー、「夜は短し歩けよ乙女」や「ペンギン・ハイウェイ」など話題作で人気を得ている著者のエッセー集。

 400ページを超える本書には、読書について、好きな映画や食べ物、自分の小説、散歩や旅、身辺雑記といった部立てのもとに新旧さまざまなエッセーの他、書き下ろしとして、ファンタジーノベル大賞受賞時の日記を収録した「『森見登美彦日記』を読む」と、スランプで小説を書けなかった時期に台湾の雑誌に連載したコラム「空転小説家」も初収録されている。要するに、デビュー以来14年に及ぶ作家生活のなかで、小説以外に書いてきた文章のほとんどを収めたエッセー大全集である。

 ここには作家・森見登美彦の趣味嗜好、小説の舞台裏、京都の学生時代に6年間暮らした4畳半の下宿生活、恋愛と結婚といったことまでが虚実取り交ぜて面白おかしく書かれている。ファンは無論、小説を読んだことのない人でも、読み終わったときには、この作家をとても近しい存在に感じることだろう。

(新潮社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る