「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」パイパー・カーマン著 村井理子ほか訳

公開日:  更新日:

 アメリカの白人上流家庭に生まれ育ち、名門女子大を卒業、充実したキャリア生活を送っていた著者は、つき合っていた女性に依頼されてヘロイン麻薬取引に関わったことから、起訴され、女性刑務所に収監された。

 そこで著者は、それまでなら決して出会うこともなかったであろう人々と出会う。例えば、性転換手術を受けて、女性になったヴァネッサ。彼女は頭がよく、ちゃめっ気たっぷりで、自身の失恋話を面白おかしく話すものだから刑務所中の人気者だ。その一方で露出狂で、手術でつくったバギナやDカップの胸をそれとなく見せびらかす。刑務所でそんな彼女らと過ごしていたある日、7カ月ぶりに裸で鏡の前に立った著者は、自分に以前の虚栄が消えているのを知る。女性刑務所での13カ月間の体験をつづる回想録で、出版後、アメリカ本土で多くのメディアに取り上げられドラマ化もされた話題作だ。

(駒草出版 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る