「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」パイパー・カーマン著 村井理子ほか訳

公開日:  更新日:

 アメリカの白人上流家庭に生まれ育ち、名門女子大を卒業、充実したキャリア生活を送っていた著者は、つき合っていた女性に依頼されてヘロイン麻薬取引に関わったことから、起訴され、女性刑務所に収監された。

 そこで著者は、それまでなら決して出会うこともなかったであろう人々と出会う。例えば、性転換手術を受けて、女性になったヴァネッサ。彼女は頭がよく、ちゃめっ気たっぷりで、自身の失恋話を面白おかしく話すものだから刑務所中の人気者だ。その一方で露出狂で、手術でつくったバギナやDカップの胸をそれとなく見せびらかす。刑務所でそんな彼女らと過ごしていたある日、7カ月ぶりに裸で鏡の前に立った著者は、自分に以前の虚栄が消えているのを知る。女性刑務所での13カ月間の体験をつづる回想録で、出版後、アメリカ本土で多くのメディアに取り上げられドラマ化もされた話題作だ。

(駒草出版 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る