「医療経済の嘘」森田洋之著

公開日:

 財政破綻した夕張市の診療所に赴任した医師の著者は、病床数が以前の10分の1に激減したにもかかわらず、住人の健康被害もない上に、人口当たりの医療費が減少していることに驚く。調べると、自治体によって人口当たりの病床数が2~3倍も差があり、同時に病床が多い自治体は少ない自治体に比べて住人1人当たりの入院医療費を2倍も使っていることが分かったという。

 日本では最も人口当たりの病床数が少ない県でさえ、英米の2倍あり、CTやMRIも世界一多く持っているのだとか。なのに、実は病床の数と寿命とは関係がないという。高齢化率日本一の夕張市の医療を例に、医療経済の拡大が健康と比例しないことを明らかにしながら、未来のあるべき医療を提案する。

 (ポプラ社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る