「医療経済の嘘」森田洋之著

公開日:

 財政破綻した夕張市の診療所に赴任した医師の著者は、病床数が以前の10分の1に激減したにもかかわらず、住人の健康被害もない上に、人口当たりの医療費が減少していることに驚く。調べると、自治体によって人口当たりの病床数が2~3倍も差があり、同時に病床が多い自治体は少ない自治体に比べて住人1人当たりの入院医療費を2倍も使っていることが分かったという。

 日本では最も人口当たりの病床数が少ない県でさえ、英米の2倍あり、CTやMRIも世界一多く持っているのだとか。なのに、実は病床の数と寿命とは関係がないという。高齢化率日本一の夕張市の医療を例に、医療経済の拡大が健康と比例しないことを明らかにしながら、未来のあるべき医療を提案する。

 (ポプラ社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る