「城の王」スーザン・ヒル著幸田敦子訳

公開日:  更新日:

 犬猿の仲だった父親が死に、ロンドン郊外の屋敷を引き継いだジョーゼフは11歳の息子・エドマンドと移り住む。妻を6年前に亡くしているジョーゼフは、息子の世話と遊び相手をさせるために、11歳の息子・チャールズを女手ひとつで育てるヘレナを住み込みの家政婦に雇う。

 しかし、エドマンドにとって父親の心遣いは迷惑以外の何物でもなかった。母子が屋敷に到着した日から、エドマンドは、大人の目を盗んでチャールズへの敵意をむき出しにする。この屋敷に自らが望んで来たわけではないチャールズは虚勢を張るが、エドマンドには通じない。エドマンドのいじめは日に日に執拗になっていく。

 いじめが横行する今こそ大人も子供も読むべき英国の名著の復刻。 (講談社 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る