「日本のワインで奇跡を起こす」三澤茂計 三澤彩奈著、堀香織構成/ダイヤモンド社

公開日: 更新日:

 本書は、山梨の小さなワイナリーが、国際コンクールで金賞を受賞し、いまなお破竹の進撃を続ける成功物語だ。

 最初にお断りしておくと、私はワインの薀蓄が語れるほどの味覚を持っていない。ただ、並のワインと一流のワインの区別はつく。その意味で、いまから40年前の山梨のワインは、間違いなく並だった。何しろ、ワインが一升瓶で売られていて、その味は、フランスワインとは、雲泥の差があったのだ。ところが、数年前、テレビ番組で山梨のワインを試飲する機会があり、心底驚いた。世界一流レベルのワインに変身していたからだ。

 なぜそんなことが起きたのか。本書を読むと、よく分かる。失敗を繰り返しながら、長い間、努力を積み重ねていくうちに、幸運の女神がほほ笑む。日本人が一番好きなストーリーだ。しかも、本書は、とても読みやすく、鼻につくところがない。それは、著者がもともと理科系出身で、大手商社に勤めていた関係で、話が合理的、客観的だからだ。「いいワインをつくりたい気持ちが奇跡を起こした」などという根拠のないことは、絶対に言わない。何が改善をもたらしたのか、その原因を科学的に語っているのだ。

 実は、本書は2部構成になっている。前半は、甲州ワインを世界レベルに引き上げた父親が書いていて、後半は、父の会社に飛び込み、醸造家として事業を支える娘の執筆だ。甲州ワインの世界制覇は、この2人の協力がなければ、あり得なかった。父親は、商社出身で最初から世界を見据えていたのだが、娘のほうは、はなから国境を意識せず、オーストラリアやチリなど、世界を舞台に武者修行に出ていく。まさにグローバルなのだ。 しかも、私は奇跡を起こしたひとつの大きな要因が、娘さんが美人だということではないかと思っている。彼女は、才能もあるし、努力もしている。しかし、才能や努力が成果に結びつかない人は多い。彼女は、美しいことで、世界中の人たちからサポートとチャンスをもらったのではなかろうか。

 本書は、事業の成功物語としても、事業承継の成功例としても、理想的な父娘の話としても、読むことができる、内容の詰まった好著だ。

 ★★半(選者・森永卓郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る