「田原俊彦論」岡野誠著/青弓社/2000円+税

公開日:  更新日:

 本編296ページ、参考文献・資料及び各種データ101ページという超大作である。現在44歳である私自身、田原俊彦については「『NINJIN娘』とかいう変な歌を歌っていた、かわいいお兄さん」ぐらいのイメージしかなかった。

 一回りほど上の世代のスーパースターだった彼だが、彼の全盛期に私はアメリカ在住だったため、その活躍は知らない。正直、私は田原には何の関心もないのだが、それを差し引いても「1980年代以降の芸能史」を知るにあたって実に貴重な資料として本書は輝きを放つ。

 とにかく面白いのである。書籍というものは、そのタイトルに込められたキーワードに心を揺さぶられた場合に読んでみる気になるものだが、本書はそうした範疇を超える。何しろ田原俊彦に興味がない者であっても「ページをめくる手が止まらない」という状態になるのだ。しかも、取材相手は田原本人に加え、「教師びんびん物語」などで共演した野村宏伸や田原のバックダンサーを務めた元CHA―CHAの木野正人らの著名人はさておき、一般人は知らない振付師やテレビディレクターらが続々と登場する。

 それでも面白いということにこそ、本書の神髄というか膨大な取材と資料を基にした本気の執筆の成果が見えるのである。田原がいかにしてスターダムにのし上がるかの詳細に加え、いわゆる「ビッグ発言」以降、干されたことから復活までをつぶさに記す。

 著者は「日本で初めてムーンウオークをした芸能人は田原」の検証に膨大なる映像を見て結論づける。「ビッグ発言」は当初は問題視されていなかった、といった点まで検証を加える。

 さらには、日本のエンターテインメントの構造についてもうなる分析を見せる。それは視聴率に関する部分だ。1984年に視聴率78・1%だった「紅白歌合戦」が86年に59・4%に下がったことの要因がテレビのリモコンの普及にあると分析する。85年に31・2%の普及率だったが、毎年10%前後の割合で急増し、90年には82・9%となった。

〈それまではチャンネルをわざわざ回しにいく煩わしさもあって興味がない歌手の曲も続けて視聴していたと思われるが、手軽にチャンネルを切り替えられる便利な機器の登場で、自分が好きな歌手だけを見る体制が整った〉

 田原に過度なバッシングをしたメディアへの批判も随所に盛り込まれ、メディアリテラシーの教科書としても有用な書である。 ★★★(選者・中川淳一郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る