「大店の暖簾下り酒一番」千野隆司著

公開日:  更新日:

 霊岸島の下り酒問屋の大店・武蔵屋は、新酒「灘桜」の独占販売権を獲得。4月1日を売り出し日と定め、事前に役者を呼んで集まった人々に酒を振る舞う試飲会を催し、手代の卯吉らは対応に追われる。

 卯吉は武蔵屋の先代主人の子供だったが、妾腹のため、先代亡き後、後を継いだ長男の市郎兵衛と義母のお丹らに冷遇されてきた。灘桜の売り出し日が刻々と近づくが、荷を積んだ船が、なかなか江戸に到着しない。お丹は、心配する得意先に期限に間に合わなかったら半値で卸すと告げていると知り、卯吉は店の経営に不安を抱く。やがて泥舟から逃げるように手代仲間らも店を去っていく。

 傾きかけた酒問屋の立て直しに奔走する卯吉を主人公にした時代小説シリーズ第1弾。

(講談社 640円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る