「大店の暖簾下り酒一番」千野隆司著

公開日:  更新日:

 霊岸島の下り酒問屋の大店・武蔵屋は、新酒「灘桜」の独占販売権を獲得。4月1日を売り出し日と定め、事前に役者を呼んで集まった人々に酒を振る舞う試飲会を催し、手代の卯吉らは対応に追われる。

 卯吉は武蔵屋の先代主人の子供だったが、妾腹のため、先代亡き後、後を継いだ長男の市郎兵衛と義母のお丹らに冷遇されてきた。灘桜の売り出し日が刻々と近づくが、荷を積んだ船が、なかなか江戸に到着しない。お丹は、心配する得意先に期限に間に合わなかったら半値で卸すと告げていると知り、卯吉は店の経営に不安を抱く。やがて泥舟から逃げるように手代仲間らも店を去っていく。

 傾きかけた酒問屋の立て直しに奔走する卯吉を主人公にした時代小説シリーズ第1弾。

(講談社 640円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る