「大店の暖簾下り酒一番」千野隆司著

公開日: 更新日:

 霊岸島の下り酒問屋の大店・武蔵屋は、新酒「灘桜」の独占販売権を獲得。4月1日を売り出し日と定め、事前に役者を呼んで集まった人々に酒を振る舞う試飲会を催し、手代の卯吉らは対応に追われる。

 卯吉は武蔵屋の先代主人の子供だったが、妾腹のため、先代亡き後、後を継いだ長男の市郎兵衛と義母のお丹らに冷遇されてきた。灘桜の売り出し日が刻々と近づくが、荷を積んだ船が、なかなか江戸に到着しない。お丹は、心配する得意先に期限に間に合わなかったら半値で卸すと告げていると知り、卯吉は店の経営に不安を抱く。やがて泥舟から逃げるように手代仲間らも店を去っていく。

 傾きかけた酒問屋の立て直しに奔走する卯吉を主人公にした時代小説シリーズ第1弾。

(講談社 640円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  7. 7

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る