• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「下町ロケットゴースト」池井戸潤著

 佃航平が率いる佃製作所のもとに、主要取引先のヤマタニから新型エンジン契約を白紙撤回するとの連絡が入るところから物語が始まる。

 新社長は農機具のエンジンは「動けばいい」と考えており、佃製作所のエンジンを一部高級機向けに限定したいというのだ。対策に乗りだす航平だったが、頼りにしている経理の殿村の父親が倒れ、殿村は一時実家に戻ることに。

 そんな状況に追い打ちをかけるように、帝国重工の宇宙開発事業部門が縮小されるという話が耳に入る。ロケットエンジンのバルブシステムを納入していた佃製作所にとって、それはさらなる窮地を意味した。果たして、航平は起死回生策を打ち出せるのか……。

 大人気の「下町ロケット」シリーズの最新刊。トランスミッションへの挑戦によって経営の危機を乗り越えようとする航平が、ベンチャー企業と手を組む方針を打ち出す中、経営者としての判断が問われる難しい局面も描かれる。第3作となる本書を原作としたTVドラマが10月に放送されるほか、秋には続編「下町ロケット ヤタガラス」も発刊予定。

 立て続けに楽しみたくなること必至だ。

(小学館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る