• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「能面検事」中山七里著

 大阪地検1級検事・不破俊太郎。見たところ30代後半、髪をぴっちりと後ろになでつけ、仕立てのいいスーツを着ている。一分のスキもない。特筆すべきは、何があっても表情筋を1ミリも動かさないことで、陰で能面と呼ばれている。

 そんな不破の検察補佐に配属された新米検察事務官の惣領美晴は、初対面でいきなりダメ出しされ、胸の内を全て読み取られて動揺する。

 感情を全く表さない切れ者検事と、喜怒哀楽がすぐ顔に出る新米事務官。両極端な2人が、コンビを組んで、ある殺人事件を担当することになった。深夜、西成区のアパートで男女2人がナイフで刺されて殺された事件で、世間を騒がせていた。

 被害者の女性は、以前からある男につきまとわれていたこと、その男にアリバイがないことなどから、警察はストーカー殺人と判断。同居していた男は巻き添えになって殺された、と思われた。

 しかし、不破検事が精緻な捜査を行ううちに、事件は違う様相を見せてくる。実は被疑者にアリバイがあることが証明されただけでなく、捜査資料の一部が紛失していることが発覚。大阪府警を揺るがす大スキャンダルにつながっていく。

 孤立を恐れず、みじんも忖度せず、組織の論理も完全無視。淡々と、無表情に自分の流儀を貫く。切れ味鋭いニューヒーローの胸のすく活躍に拍手。(光文社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る