「能面検事」中山七里著

公開日:  更新日:

 大阪地検1級検事・不破俊太郎。見たところ30代後半、髪をぴっちりと後ろになでつけ、仕立てのいいスーツを着ている。一分のスキもない。特筆すべきは、何があっても表情筋を1ミリも動かさないことで、陰で能面と呼ばれている。

 そんな不破の検察補佐に配属された新米検察事務官の惣領美晴は、初対面でいきなりダメ出しされ、胸の内を全て読み取られて動揺する。

 感情を全く表さない切れ者検事と、喜怒哀楽がすぐ顔に出る新米事務官。両極端な2人が、コンビを組んで、ある殺人事件を担当することになった。深夜、西成区のアパートで男女2人がナイフで刺されて殺された事件で、世間を騒がせていた。

 被害者の女性は、以前からある男につきまとわれていたこと、その男にアリバイがないことなどから、警察はストーカー殺人と判断。同居していた男は巻き添えになって殺された、と思われた。

 しかし、不破検事が精緻な捜査を行ううちに、事件は違う様相を見せてくる。実は被疑者にアリバイがあることが証明されただけでなく、捜査資料の一部が紛失していることが発覚。大阪府警を揺るがす大スキャンダルにつながっていく。

 孤立を恐れず、みじんも忖度せず、組織の論理も完全無視。淡々と、無表情に自分の流儀を貫く。切れ味鋭いニューヒーローの胸のすく活躍に拍手。(光文社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る