「現代社会はどこに向かうか」見田宗介著

公開日: 更新日:

 先日、内閣府が公表した「国民生活に関する世論調査」によると、現在の生活について「満足」と回答した人が74・7%で過去最高となり、満足と答えた割合は20歳代の男女の比率が高い。本書によれば、1950~70年代の青年にとって、現在より豊かな未来が来るというのは当然の基底感覚だったが、21世紀の現在、このような未来を信じている青年はほとんどいない。未来に希望を託せなければ、その分、現状肯定が強まるということで、この世論調査はそのひとつの証しだろう。

 この「未来の消失」は、エネルギー消費の加速度的増大と世界全体の人口増加率が頭打ちになった時期とほぼ一致しており、現代社会が人類史の大きな曲がり角にさしかかっていることを示唆している。産業革命以降、加速してきた増殖と繁栄は環境容量と資源容量の限界に突き当たり、右肩上がりの発展曲線が横ばい状態となる。現代社会はそのとば口に立っているというのが著者の見立てだ。そして必要なのは、これ以上の「成長」は不要なものとして完了し、永続する幸福な安定平衡の高原(プラトー)として、近代の後の見晴らしを切り開くことだ、と。

 本書でも書かれているように、こうした減速や平衡を目指すのではなく、地球外に資源を求めたり、遺伝子組み換えやより効率的な核エネルギーの開発など、あくまでも拡大を志向するのもあり得る。しかし、人間もまた地球に生きる生命体であるという当たり前のことを理解すれば、その答えは自明だろう。その上で、我々人間がどのような未来をつくり上げていかなければならないのか――。

 本書は、長年にわたって戦後の社会学を牽引してきた見田社会学の総覧であり、未来を担うべき人びとへ希望を託した著者からの贈り物でもある。 <狸>

(岩波書店 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る