「女になる方法」キョトリン・モラン著、北村紗衣訳

公開日:

 イギリス中部にある中規模都市ウルヴァーハンプトンのワーキングクラスの家で育った女の子。家は貧しく、6人きょうだい(その後8人に)の長女、体重は80キロを超え、男の子たちは彼女を見ると石を投げる。そんな彼女が13歳の誕生日に、18歳になるまでに①体重を減らす、②いい服を着る、③友達をつくる、④犬をちゃんとしつける、⑤ピアスの穴をあけることを目標に掲げ、女であることを自覚する。

 本書は音楽ライター、コラムニストとして活躍する著者が、自らの「女になる」道のりを描いた半自叙伝だ。

「ひとは女に生まれるのではない。女になるのだ」と言ったとき、ボーボワールは事態を半分も把握していなかった、と言いたくなるほど、「女になる」ためには問題が山積。13歳の誕生日から間もなくやってきた毎月の出血に始まり、ムダ毛の処理、下着の選び方、ダイエット……。

 そんなこんなで右往左往しているときに出会ったのが、オーストラリアのフェミニスト、ジャーメイン・グリアだ。15歳の少女は、自分もグリアに倣って「わたしはフェミニスト」と公言する。これによって、長年わからなかったパズルの答えが見つかり、生きる武器を得たのである。

 とまあ、こんなふうに説明してしまうと、お堅いフェミニストの宣言書のように思えるが、実際は罵詈雑言、卑語猥語、俗語が飛び交う痛快な読み物。自らを道化に仕立て、硬直しきった男どもを痛烈に批判し、返す刀で男の描くステレオタイプに同化する女たちの阿呆らしさを切って捨てる。16歳で音楽誌「メロディー・メーカー」に勤め、以後イギリスのカウンターカルチャーの中心にいる著者だけに、ロックからテレビドラマに至る情報もたっぷり。

 本の中から新時代のフェミニズムの声が聞こえてくる。 <狸>

(青土社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る