「言論の飛礫」鎌田慧著

公開日: 更新日:

「第1の8時間は仕事のため、第2の8時間は休息のため、そして残りの8時間は、俺たちの好きなことをするために」は、132年前のシカゴの労働者のスローガンだが、現在の日本で「残りの8時間」を一体どれだけの人が楽しんでいるのか。 日本の大企業では過労死や過労自殺は珍しくない。それなのに安倍首相は自由契約を思わせる「裁量労働制」を導入しようとしたが、過労死した人の家族からの涙の訴えで延期となった。だが、首相はまだ「高度プロフェッショナル制度」に執心している。それはかつて挫折した、労働時間の規制免除狙いの「ホワイトカラーエグゼンプション」を衣替えしただけだ。(「働き方改悪」)

 政財官の非道に対抗する鋭いエッセー集。

(同時代社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る

人気キーワード