「言論の飛礫」鎌田慧著

公開日: 更新日:

「第1の8時間は仕事のため、第2の8時間は休息のため、そして残りの8時間は、俺たちの好きなことをするために」は、132年前のシカゴの労働者のスローガンだが、現在の日本で「残りの8時間」を一体どれだけの人が楽しんでいるのか。 日本の大企業では過労死や過労自殺は珍しくない。それなのに安倍首相は自由契約を思わせる「裁量労働制」を導入しようとしたが、過労死した人の家族からの涙の訴えで延期となった。だが、首相はまだ「高度プロフェッショナル制度」に執心している。それはかつて挫折した、労働時間の規制免除狙いの「ホワイトカラーエグゼンプション」を衣替えしただけだ。(「働き方改悪」)

 政財官の非道に対抗する鋭いエッセー集。

(同時代社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  4. 4

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  7. 7

    また「民主党も」発言…いつまであの人を有難がって使う?

  8. 8

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る