• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「言論の飛礫」鎌田慧著

「第1の8時間は仕事のため、第2の8時間は休息のため、そして残りの8時間は、俺たちの好きなことをするために」は、132年前のシカゴの労働者のスローガンだが、現在の日本で「残りの8時間」を一体どれだけの人が楽しんでいるのか。 日本の大企業では過労死や過労自殺は珍しくない。それなのに安倍首相は自由契約を思わせる「裁量労働制」を導入しようとしたが、過労死した人の家族からの涙の訴えで延期となった。だが、首相はまだ「高度プロフェッショナル制度」に執心している。それはかつて挫折した、労働時間の規制免除狙いの「ホワイトカラーエグゼンプション」を衣替えしただけだ。(「働き方改悪」)

 政財官の非道に対抗する鋭いエッセー集。

(同時代社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る