「ドキュメント 水平をもとめて」鎌田慧著

公開日:  更新日:

 皮革工場とその皮革産業を担ってきた被差別部落の歴史と人々の物語を追ったルポルタージュ。

 屠場で傷をつけぬよう大事に剥ぎ取られた原皮は、塩漬けにされて皮革工場に運ばれ、さまざまな革製品の原料に加工される。まずはその工場が密集していた兵庫県花田町高木地区を取材。合成皮革に押されて今はなき北中皮革合名会社では、かつて職場詩集が発行されており、10年間で40号ほどが発刊されたという。皮革労働者の詩に、厳しい現実と未来に対する希望を感じとる。

 また、過激な動物愛護運動の攻撃に耐えながら、全国唯一の三味線の猫の「張り皮」職人として伝統芸能を支える奈良の橋本一弘さんら、いわれなき差別と闘い続けてきた人々の声に耳を傾ける。(解放出版社 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る