• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ドキュメント 水平をもとめて」鎌田慧著

 皮革工場とその皮革産業を担ってきた被差別部落の歴史と人々の物語を追ったルポルタージュ。

 屠場で傷をつけぬよう大事に剥ぎ取られた原皮は、塩漬けにされて皮革工場に運ばれ、さまざまな革製品の原料に加工される。まずはその工場が密集していた兵庫県花田町高木地区を取材。合成皮革に押されて今はなき北中皮革合名会社では、かつて職場詩集が発行されており、10年間で40号ほどが発刊されたという。皮革労働者の詩に、厳しい現実と未来に対する希望を感じとる。

 また、過激な動物愛護運動の攻撃に耐えながら、全国唯一の三味線の猫の「張り皮」職人として伝統芸能を支える奈良の橋本一弘さんら、いわれなき差別と闘い続けてきた人々の声に耳を傾ける。(解放出版社 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る