「反国家のちから」鎌田慧著

公開日: 更新日:

 2014年5月、福井地裁が〈大飯原発差し止め判決〉を出した。判決のとき、被告席にも傍聴席にも関西電力関係者の姿はなかった。著者はその事実に、政府がバックについているという傲慢さを見た。これは福島の事故以来、初めての原発裁判の判決で、それまではほとんど原告側の敗訴で終わっていたが、樋口裁判長は福島原発事故を踏まえて、〈人間のいのちと人間の尊厳を裁判所が守る〉という決意を表明したのだ。ちなみに、この裁判長は今年4月、高浜原発の再稼働差し止めの仮処分決定を出している。

 反骨の著者による、戦争、原子力、死刑、ハンセン病のルポルタージュの集大成。

(七つ森書館 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

もっと見る

人気キーワード